夜尿症と言われる症状

夜尿症は一般的に5歳を過ぎても週2回以上、3か月以上夜間に、眠っている間におねしょをしてしまう症状を指して言います。

7歳くらいになると、夜尿症の人は全体の10パーセント程度いるといわれています。

小学校に入学してもおねしょがある人は1割はいるということがわかります。

この1割の子供も、1年後には15パーセントずつおねしょが止まるので、数年後にはほぼおねしょの症状はおさまると考えられています。

おねしょをする子供を見ると、男児が女児の倍くらいいて、割合だけを見ると男児に多いということもわかっています。

おねしょの卒業までにかかる時間は個人の差で、これは住環境や親のしつけがどうというものではありません。

おねしょやぜんそく、アレルギーなどを説明するときに、しつけなどを指摘して親側の問題にする人や、子どもが甘えん坊だからなどと子どもの性格を指摘する人がいますが、外野の意見と気に留めないようにしましょう。

迷信のようなものです。

夜尿症の原因とされるのは、まずは子どもの膀胱の成長過程であるということを考えます。

膀胱の容量が小さいと、寝ている間に尿を貯めることができないという物理的な原因です。

もう一つは尿を作る際、夜間の量を控えることができないというものがあります。

どちらも、身体が大きくなれば自然と解決されるので、時間をかけて見守るしかないものでもあります。

とはいえ、夜尿症が顕著で、他に健康上の心配事があるという場合には、しっかり医師の診断を受けることが大切です。

思わぬ深刻な健康障害が隠れている可能性は、ゼロではありません。

【知っておこう】夜尿症(おねしょ)の原因